仮想通貨(暗号資産)

ビットコインのレンディング(貸仮想通貨)とは|オススメ取引所の利率・貸出数量・期間・解約手数料を徹底比較

更新日:

2019年版、仮想通貨で稼ぐ方法という記事で紹介しましたが、ETF承認可否や半減期など価格上昇の可能性の高い材料を控えるビットコイン現物を購入し、レンディング(仮想通貨の貸し出し)で手堅く儲ける方法を紹介しました。

仮想通貨で稼ぐ方法とは|20万を1200万にした現役FXトレーダーが徹底解説!

続きを見る

レンディングと言えば「ソーシャルレンディング」という、様々な金融商品の貸し手と借り手を繋ぐサービスがSBIなど国内大手証券会社などにもあります。

今回はビットコインのレンディングに焦点を当て、メリット・デメリット(リスク)や国内のオススメの取引所まで徹底解説します。

ビットコインのレンディング(貸仮想通貨)とは?

仮想通貨レンディング(貸仮想通貨)とは、仮想通貨取引所に仮想通貨をただ預けるだけではなく、それを借りたい人に対して貸し出すことで金利を得る仕組みのことを言います。

それでは「仮想通貨を借りたい人」とは具体的に誰なんでしょうか。

ビットコインのレンディング(貸仮想通貨)の仕組みは「ビットコインのレバレッジ取引をしたい人に貸し出す」こと

株式取引の信用取引と同じですが、ビットコインにもレバレッジ取引が存在します。

レビュー
アルトコインの集まり
アルトコインのレバレッジ取引におすすめの取引所|累計利益1200万超えの現役FXトレーダーが徹底解説!

続きを見る

レバレッジ取引を行う人は、取引所から資産以上のポジションを持つ際には取引所から仮想通貨を借りることになります。

取引所は当然、そのニーズに応えるため市場から仮想通貨を調達していますが、その需要を満たすために投資家から借り入れ(レンディング)を行ったものに関しても充てています。(取引所側の詳しい貸仮想通貨の運用方法については、各取引所の説明を確認していただきたいですが)

このようなレバレッジ取引を行いたい市場参加者のニーズに対して、レンディングが必要とされる訳です。

ビットコインのレンディング(貸仮想通貨)を仮想通貨取引所で行うメリット

ビットコインを取引所に預けながら金利を得ることができる

ビットコインの現物を持っている方は、取引所に預けっぱなしにしているケースも多いと思います。

ボラティリティーが大きく、値動きが激しいビットコインはレバレッジ取引も活況です。

すなわち、ビットコインを借りたい人も多く存在するので、ビットコインについては借り手が不足することによるレンディングの打ち切りの可能性は少ないでしょう。

銀行預金が0.1%などという超低金利時代に、ビットコインのレンディングは年利数%得られるため、ガチホして取引所にビットコインを入れているだけの人はレンディングを行うことをオススメします。

ビットコインのレンディング(貸仮想通貨)を仮想通貨取引所で行うデメリット・注意点

貸し倒れ(デフォルト)により元本を毀損する可能性がある(カウンターパーティーリスクの存在

ビットコインを借りるのは信用取引を行う投資家です。

投資家が大きな損害を被った時に、取引所がそれを回収できない場合はいわゆる「貸し倒れデフォルト)」という状態になります。

資金力のある取引所であれば問題ないですが、レンディングの場合は上記のリスクが0でないため、取引所は債務不履行による万が一の倒産を防ぐため、元本保証されません

しかも、仮想通貨取引所は破綻の可能性もあります。

レンディングは預金ではない、リスク商品であるという意識を持っておきましょう。

レンディング契約期間終了までビットコインの引き出し・トレードに利用することはできない

レンディングには貸し出し期間が決まっています。

その期間は預けているビットコインがロックされ、引き出しやトレードの証拠金に利用することはできません。

ですので、ビットコインの積立投資でコツコツ集めたビットコインを、一定期間レンディングで貸し出すのが良い戦略だと考えています。

積立投資の絵
ビットコインの確実な投資方法は「積立投資」|ドルコスト平均法による購入方法と積立にオススメの取引所とは

続きを見る

ビットコインのレンディング(貸仮想通貨)にオススメな仮想通貨取引所

日本国内でビットコインのレンディングに対応していて、セキュリティー面や資本力(資本金の多さ)を兼ね備えた仮想通貨取引所は、2つしかありません。

"ビットコイン現物購入も含めてオススメな"ビットコインのレンディング(貸仮想通貨)に対応しているのは「bitbank

ビットコインの現物取引を行うのにオススメな取引所という記事でも取り上げた、国内最強の取引所がbitbankです。

  • 年率3~5%(1~5BTC = 3%, 5~10BTC = 4%, 10BTC~ = 5%)
  • 最低1BTCからの申込み
  • 貸し出し期間は1年間のみ
  • 途中解約は不可

1年間ビットコインを保有し続ける予定なら、bitbank一択です。

また、取り扱いのアルトコインについてもレンディングを予定しているのはbitbankのみです。

ビットコインのみならず、アルトコインのトレードも非常にやりやすいので口座開設がまだの方は早めに行なっておきましょう。

ビットコインのレンディングの募集は相場状況により、募集中止される可能性もあります。

今のうちに口座開設を行い、レンディングの手続きをしておくのが良いでしょう。

bitbank

bitbank

国内仮想通貨取引所で唯一の「マイナス手数料」がある(指値注文なら手数料をもらえる)取引所です。

アルトコインの板取引ができる取引所の中で最も出来高が多く、万全のセキュリティー対策 & 取引画面も非常に使いやすくおすすめです。(特にリップル(XRP),モナコイン(MONA)の板取引をするならbitbank一択!)

GMOコインでもビットコインのレンディング(貸仮想通貨)の募集を不定期に行なっている

ビットコインのレバレッジ取引で僕がおすすめしているGMOコイン ですが、こちらもビットコインのレンディング(貸仮想通貨)の募集を行っています。

GMOコイン のレンディングの特徴をまとめると、下記になります。

  • 年率5%
  • 最低10BTCからの申込み
  • 貸出期間は90日のみ
  • 途中解約も可能(手数料が利率より引かれる)

bitbankとは異なり、90日間の貸し出しが可能なのは魅力的(相場環境・私生活の変化により引き出したくなる時がきっと出てくるため)です。

先程のbitbankはマストとして、GMOコインも口座開設をしておきましょう。

ビットコインのレンディングの募集開始までに口座開設を済ませておかないと、参加ができません!

口座開設は余裕を持って行っておきましょう。

GMOコイン

国内仮想通貨取引所で、ビットコイン・アルトコインのレバレッジ取引をするなら「GMOコイン」一択!

BTC,ETH,BCH,LTC,XRPと主要暗号通貨を取り扱っていて、GMOクリック証券からの運用実績もある安心の取引所です。

世界最大の仮想通貨取引所「Binance(バイナンス)」もレンディング開始!アルトコインも取り扱い中

仮想通貨取引所として、世界最大規模の取引量を誇るBinanceも、「Binance Lending」というレンディングサービスを開始しました。

募集制なのは国内と変わりありませんが、貸し出し期間が14日とそこまで長くない=リスクをそこまで取らなくて良いのと、ビットコインだけではなくアルトコインやステーブルコインであるUSDTまで募集しています。

特にUSDTはUSD等価のステーブルコインのため、ノーリスクで資産を増やすチャンスと言っても過言ではないので相場が低迷している時にはぜひとも利用しようと考えています。

超人気サービスのため、募集開始数分で埋まってしまっており、レンディングの募集期間中に口座を開設していないと募集に参加するのは不可能です。

アルトコイン色々
仮想通貨(アルトコイン)の長期保有(ガチホ)ならレンディングで稼ぐ!|取扱通貨数・貸出数量・利率・貸出期間からオススメの取引所を徹底解説

続きを見る

口座開設がまだの方は、登録を行っておきましょう。

Binance

Binance

世界最大の仮想通貨取引所Binance」は取り扱い仮想通貨数(アルトコイン)が群を抜いて多いです。

セキュリティー面の堅牢性はもちろん、アルトコインでのレバレッジ取引も可能な、仮想通貨トレーダーなら大半の人が開設している仮想通貨取引所です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でちゅーにをフォローしよう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちゅーに

株式投資5年、仮想通貨投資(現物・FX)2年の兼業トレーダーです。投資の通算利益は+1,200万ほど。 現在は500万を投資資金として運用中! メインの仮想通貨や株式・指数・為替などの役立つ情報発信をしています。 リアルタイムの市況や有益な情報の発信、損益報告もしているのでよかったらフォローしてくださいね!

-仮想通貨(暗号資産)
-, , , , , , , , , ,

Copyright© Investry - 投資・副業で資産運用するブログ , 2019 All Rights Reserved.