仮想通貨取引所

GMOコインの入出金方法とは|日本円・仮想通貨入金・出金時の注意点も解説!

投稿日:

GMOコインは2019年現在、国内仮想通貨取引所の中で特にレバレッジ取引を行いたい場合に最もオススメできる取引所です。

レビュー
GMOコインのメリット・デメリット・評判を仮想通貨トレーダーが徹底解説!国内最高のレバレッジ取引所!

続きを見る

すでに国内株式やCFD、FXなど多数の金融商品を扱っているGMOクリック証券をグループ会社に持つGMOグループが運営しており、安全性も高いです。

また、販売所形式がメインのため投資初心者でも取引しやすく、個人的に板取引の方が好きな僕もおすすめできるスプレッドの狭さで投資家にとって利益を出しやすい環境です。

今回はGMOコインでの口座開設後に日本円と仮想通貨それぞれの場合で入金・出金のやり方をまとめます。

GMOコインで日本円入出金を行う

GMOコインでの日本円の入金方法は「即時入金」「銀行振込での入金」の2種類ある

GMOコインではリアルタイムで残高反映される即時入金(一部銀行のみ)と、GMOコインの資産預かり口座への振込の2種類の入金方法があります。

入金方法・銀行 口座反映 入金手数料 最低入金額 最高入金額
GMOあおぞらネット銀行 即時 無料 1,000円〜/回 〜1,000万円/回
楽天銀行
住信SBIネット銀行
ジャパンネット銀行
Pay-easy

対応銀行
・三菱UFJ銀行
・三井住友銀行
・みずほ銀行
・りそな銀行
・埼玉りそな銀行

〜999,999円/回
銀行振込 当日以降 振込手数料負担 制限なし 制限なし

即時入金は振込手数料がかからないため、対応している銀行があれば手数料分お得です。

Pay-easy(ペイジー)での入金は、入金相当額の仮想通貨の送付が7日間できない謎の出金制限があるので、資金ロックされる期間が1週間だけあることに注意しましょう。

即時入金は相場に応じてリアルタイムに残高に反映される利便性がありますが、対応している銀行が少ないです。

その代わり、銀行振込での入金はあなたがお使いのどの銀行でも対応しています。

即時入金対応の銀行口座を持っていない場合、振込での入金を行いましょう。

銀行振込での入金の場合、入金手数料自己負担です。投資用のネットバンクを持っておくと便利です。(僕は楽天銀行の口座を活用しています。)

GMOコインで即時入金を行う方法

まずはGMOコインにログインし、トップページ左側のメニューの入出金の中の「日本円即時入金」をクリックし、入金したい金融機関をクリックしましょう。

GMOコインの日本円入金画面

入金額を入力し「入金開始」をクリックすると金融機関のWebページに飛ぶので、認証などを進めると完了します。

GMOコインでの入金額入力画面

GMOコインで銀行振込による入金を行う方法

即時入金と同じく、GMOコインログイン後トップページ左側のメニューの入出金から「日本円 振込入金」をクリックします。

GMOコインの日本円振込入金画面

すると、GMOコインの振込用口座が表示されるのでご自身の口座より入金しましょう。

GMOあおぞらネット銀行楽天銀行が指定されるため、どちらかの口座を持っている場合は振込手数料が無料です!

GMOコインでの入金時の注意点ポイント

入金したお金が反映されない!など取引所への入金は投資に慣れている自分でも未だにそわそわします

GMOコインならではの注意点をまとめました。

即時入金の限度額1,000円1,000万円Pay-easy(ペイジー)入金999,999円)まで

即時入金の場合、リアルタイムで入金反映される便利さの反面、最低入金額と入金限度額が決まっています

特に大手銀行からの即時入金を行いたい場合はPay-easy(ペイジー)になりますが、こちらは一回の入金の限度額が100万円弱のため、それ以上に入金したい場合は何回かに分けて入金する必要があります

クレジットカードコンビニ入金未対応

国内仮想通貨取引所だと対応事例の多い「クレジットカード」と「コンビニ入金」ですが、残念ながらGMOコインは対応していません。

ですが、これらは他の取引所でも大抵手数料が高く設定されている(そのため、クレジットカード払いでもらえるポイントより損をする)ので、僕は利用したことはありません。

GMOコインの場合はそもそも選択肢に無いので、即時入金か銀行振込を利用しましょう。

銀行振込のGMOコイン口座への反映がされない銀行の営業時間を確認しよう

GMOコインに銀行振込で入金した場合、GMOコイン側で入金額が実際に振り込まれたことを確認した上で入金の反映処理が行われます。

そのため、振込後すぐに反映されないのは(口座名義が異なる、など無い限り)問題ありません。

振込先 振込元(ご自身の銀行口座) 反映タイミング
GMOあおぞらネット銀行 全銀行(※) 数分
楽天銀行 楽天銀行 0:00-8:59:当日10:30まで
9:00-16:59:当日90分以内
17:00-23:59:翌営業日10:30まで
楽天銀行 楽天銀行以外の銀行 振込元金融機関の営業時間中:当日中
振込元金融機関の営業時間外:翌営業日

※モアタイムシステム対応の金融機関の場合

上記の表以上に時間が掛かっている場合、以下を確認しましょう。

銀行振込での入金は登録した名前と同一名義の口座からしかできない

マネーロンダリング対策のため、即時入金・銀行振り込みでの入金共に口座登録本人名義からしか受け付けされません。

誤って別名義からの振込処理を行ってしまった場合、もし間に合えば振り込み元の銀行口座に資金を戻す「組み戻し」処理を行いましょう。

組み戻し処理は銀行への電話が必要など、非常に面倒です!必ず同一名義からの振り込みを行いましょう。万が一間に合わなかった場合、GMOコインのサポートに問い合わせましょう。

https://support.coin.z.com/hc/ja/requests/new

GMOコインの日本円出金方法とは

GMOコインの日本円の出金方法は簡単で「口座登録」さえしてしまえば、出金額を入力して2段階認証を行えば完了します。

GMOコインで出金先銀行口座を登録する

GMOコイントップページの「口座情報」の 登録情報・変更 をクリックします。

GMOコインの口座登録へのリンク

出金先口座情報 をクリックし、登録したいお持ちの銀行口座の情報を入力し、確認画面へ をクリックしましょう。

GMOコインの銀行口座登録画面

内容の確認を行い、問題なければ 実行 をクリックすれば口座情報の登録完了です。

GMOコインの銀行口座登録確認画面

GMOコインで日本円を出金する

GMOコイントップページの 入出金(日本円)出金 とクリックし、出金額と2段階認証コードを入力後 確認画面へ をクリックしましょう。

GMOコインで日本円出金画面

確認完了すれば出金処理が終わります。

GMOコインでの出金時の注意点ポイントとは

出金反映時間は「翌営業日」以降!17時を越すと「翌翌営業日」になるので注意!

GMOコインで出金を行う場合、その日の17時以前に出金処理を行うと翌営業日に、17時以降に出金処理を行うと翌翌営業日に口座に反映されます。

入金処理と異なり、出金はGMOコインが顧客の各銀行口座へ振込を行う形になります。

そのため、時間がかかることに注意しましょう(特に土日を挟む場合、最短で口座への反映は週明け月曜以降になります)。

ちなみに営業日の17-18時出金できない

GMOコインでは17-18時の間は出金の受付を行なっていません。

そのため、出金処理を行いたい場合はなるべく17時以前にしておきましょう。

もし遅れた場合は、18時以降になるのでご注意ください。

出金をキャンセルする場合は入金タイミングの次の17時まで

やっぱり出金をキャンセルしたい!となった場合、出金申請の次の17時までであればキャンセル可能ですが、17時を越してしまった場合はキャンセルはできません。

最低出金額10,000円(ただし、全額引き出しなら1万円以下でも出金可能

GMOコインでは最低出金額が10,000円以上と決まっています。

ただし、口座残高が10,000円未満であれば全額出金可能です。(例えば8,000円なら8,000円全額出金可能)

そのため、例えば10万円口座に入っている場合に5,000円のみの出金を行うことはできません

出金先銀行口座本人名義の口座しか登録できない(家族の口座もNG!)

仮想通貨は匿名性がゆえにマネーロンダリング(資金洗浄)など犯罪や不正に使われる可能性が高いです。

そのため、GMOコインでは透明性担保のために出金先の銀行口座名義がGMOコインの登録情報と一致していることが必須になります。

特に結婚して姓が変わったりした場合など、銀行口座の名前が変わるケースがあるので、要注意です。

登録情報が古くなっていないか、確認した上で出金処理を行いましょう。

GMOコインの出金手数料無料

日本円を出金する時にほとんどの取引所では出金手数料が取られます。

しかし、GMOコインでは出金手数料は「完全無料」です。

当然入金も無料ですので、ビットコイン・アルトコインのレバレッジ取引だけでなく、現物取引にもオススメです。

GMOコインで仮想通貨入出金を行う

仮想通貨の入金(預け入れ)と出金(外部取引所やウォレットへの送金)方法についても、まとめます。

GMOコインで仮想通貨入金(預け入れ)を行う方法

まずはトップページの「入出金」から 仮想通貨 を選択し、入金(預け入れ)したい仮想通貨を選択します。

GMOコインの仮想通貨選択画面

すると、入金したい仮想通貨のGMOコイン用のアドレスが表示されるので、このアドレス宛に外部取引所やウォレットから送金しましょう。

GMOコインのビットコイン預け入れアドレス

GMOコインで仮想通貨出金(送金)を行う方法

仮想通貨の入金(預け入れ)と同じく、トップページの「入出金」の 仮想通貨 をクリックし、送りたい仮想通貨を選択して「送付」タブに移ります。

GMOコインの仮想通貨選択画面

送付先アドレス(宛先)の登録がまだの場合は「新しい宛先を追加する」をクリックしましょう。

GMOコインのビットコイン預け入れアドレス入力画面

GMOコインの仮想通貨アドレス登録画面

宛先の登録が完了したら、宛先を選択して送付数量、2段階認識のコードを入力して 確認画面へ をクリックし、内容に問題無ければ送信すれば完了です。

GMOコインの仮想通貨送信確認画面

GMOコインの日本円・仮想通貨の入出金の手順を書いてきましたが、とてもシンプルで分かりやすく、取引でも使いやすい仮想通貨取引所なため、おすすめです。

GMOコイン

国内仮想通貨取引所で、ビットコイン・アルトコインのレバレッジ取引をするなら「GMOコイン」一択!

BTC,ETH,BCH,LTC,XRPと主要暗号通貨を取り扱っていて、GMOクリック証券からの運用実績もある安心の取引所です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でちゅーにをフォローしよう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちゅーに

「投資や資産運用・副業で人生を豊かに」をテーマに運営中! 株式投資7年、仮想通貨投資3年の20代兼業投資家。 株式はIPO応募・グロース株への投資、仮想通貨はBTC中心。 株式(IPO・国内株)150万・仮想通貨500万を運用中! Twitterではリアルタイムの市況や有益な情報の発信、損益報告もしているのでよかったらフォローしてくださいね!

-仮想通貨取引所
-, , , , ,

Copyright© Investry - 投資・副業で資産運用するブログ , 2020 All Rights Reserved.