仮想通貨取引所

国内仮想通貨取引所レバレッジ規制後のハイレバレッジ仮想通貨取引所(国内・海外)一覧

更新日:

4/22にレバレッジ倍率変更(最大15倍→4倍)が予定されていた国内最大手仮想通貨取引所のbitFlyerですが、システム連携の不具合で延期になりました。

しかし、国内では研究会により推奨レバレッジが最大4倍となっており、ここが覆ることは無いでしょう。

bitFlyerでレバレッジ15倍スキャルピングを楽しんでいた身としては、別のハイレバレッジ取引所を探す必要がありました。

国内・海外の仮想通貨取引所の今後のレバレッジについてまとめました。

国内仮想通貨(暗号通貨)取引所のレバレッジは軒並み低くなる…

残念ながら、国内仮想通貨取引所は軒並みレバレッジ倍率が引き下がります。(予定のところも含む)

取引所名 現最大レバレッジ (最大4倍へ)修正予定日(※)
bitFlyer 25倍 5月中(4/22から延期)
GMOコイン 10倍(BTC FX)、5倍(アルトコインFX) 7月31日
Liquid by Quoine 25倍 5月15日
bitbank 20倍(BTC FX) 3月31日

※日付は全て2019年です。

海外仮想通貨取引所は日本国内の推奨レバレッジは関係無いため、影響無し

国内の勉強会や法律に縛られない、海外の仮想通貨取引所はこれまでと変わらないレバレッジです。

bybit(バイビット)レバレッジ100倍・追証無しの世界最高の仮想通貨デリバティブ取引所

正直、仮想通貨黎明期を越した今は有象無象の取引所が存在します。

為替(FX)の海外口座ではお馴染みですが、仮想通貨ではより一層「出金できない」取引所を避ける必要があります。

まだ世界的な法規制がなされておらず、顧客の仮想通貨を持ち逃げしてしまうような取引所も多く、僕がこれまで色々使ってきた取引所の中で信頼している海外仮想通貨取引所はBinanceとbybitくらいです。

世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所の「BitMEX」ですが、日本国内からのアクセスは禁止となってしまいました。

現在、Twitterなどで有名な仮想通貨トレーダーは後述のBinancebybitを利用しています。

メールアドレスのみで口座開設が完了し、BTCを送金することで使えるようになる取引所ですが、ゼロカット(追証無し=証拠金マイナスになって借金をすることが無い)を実装していることや、すでに世界最大の仮想通貨デリバティブ取引所となっており、取引所が潰れる心配もまずありません。

ユーザーが多く板が分厚いためにスプレッドも小さく、利確・損切りを圧倒的にやりやすいです。

bybit(バイビット)の特徴・メリット・デメリットとは|仮想通貨FXトレーダーがBitMEXとの比較も含め徹底解説!

続きを見る

Binance世界最大の仮想通貨取引所が「Binance Futures」で最大レバレッジ50~125倍の取引ができる

仮想通貨トレーダーなら誰しもが開設している世界最大の仮想通貨取引所「Binance」ですが、満を持して「Binance Futures」というレバレッジ取引所をリリースしました。

僕は2020年現在、手数料体系がメイカーマイナス手数料を導入しているbybitはスイングトレード用(BitMEXが使えなくなってしまったため)、Binance Futuresはスキャルピングトレード用として使い分けています。

bybitと比較すると、Binance FuturesではBCH, ETC, LTCの取り扱いがあるのが強みです。

BinanceはFuturesでの高レバレッジ取引以外にもオプション取引やレンディングなど様々な取引方法を提供しており、開設しておいて損はありません。

IEOなど、利益を得るチャンスも多いため、まだの方は早めに開設して慣れておきましょう。

Binance

Binance

世界最大の仮想通貨取引所Binance」は取り扱い仮想通貨数(アルトコイン)が群を抜いて多いです。

現物取引のみではなく「Binance Futures」では最大レバレッジ125倍の取引もでき、オプション取引機能もある世界最強の仮想通貨取引所です。

セキュリティー面の堅牢性はもちろん、幅広いサービスから仮想通貨トレーダーなら大半の人が開設している仮想通貨取引所です。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でちゅーにをフォローしよう!

-仮想通貨取引所
-, , , , , ,

Copyright© Investry - 投資・副業で資産運用するブログ , 2020 All Rights Reserved.