クレジットカード

僕が家族カードとして200万使ったメインクレカ「JCBゴールド」を泣く泣く解約した2つの理由

投稿日:

僕は現在、JALカードCLUB-Aをメインカードとして、家族カードも発行して利用しています。

レビュー
「JALカード CLUB-A」はJALマイルを貯めるなら還元率・コスパ最強のクレカ!

続きを見る

しかし、1年前はJCBゴールドをメインカードとして、JCBゴールド ザ・プレミアへのインビテーションを目指してクレジットヒストリーを貯めていましたが、ついに2019年3月に解約しました。

僕がJCBゴールドを解約した理由をまとめます。

JCBゴールドを解約した3つの理由

ポイント還元率が低い...(0.5%)

1番の理由はJCBゴールドカードのポイント還元率の低さです。

基本的な還元率は0.5%と、銀行系カードと同じポイント還元率。

0.5%のポイント還元率のカードで他に持っているクレジットカードとして、エポスカード・エポスゴールドカードもありますが、これらはマルイで年4回ポイントアップのチャンス「マルコとマルオの7日間」があり、このタイミングなら10%ポイント還元になります。

レビュー
エポスカードは年会費無料でデメリット無し?マルイ以外でもポイント還元率が高いメリットだらけのおすすめクレジットカード

続きを見る

ですが、このようなキャンペーンはJCBゴールドカードには特にありません。

JCBカードにはポイントアップショップ「Oki Dokiランド」がある!2〜20倍のポイント還元率アップ

JCBゴールドカードのポイント還元率の低さをカバーする、ポイントアップモールがあります。(エポスカードでは「たまるマーケット」、JALカードは「JALマイレージモール」)

ここを利用することでポイント還元率が2〜20倍になり、僕がよく使うAmazonや楽天もポイント2倍になります。

そうすることでやっとポイント還元率は1%以上となるのですが…JALカード Club-Aはショッピングプレミアムの加入で常時1%、JALマイレージモールを通しての利用だと1.5%以上になるため、ポイント還元率ではどうしても他のクレジットカードと比べて負けてしまいます。

帰省・旅行のためにJALの航空券をよく買うこともあり、JALカード CLUB-Aに移ってしまいました。

JCBゴールド ザ・プレミアの特典はダイナースカードで代用できる

僕は元々、JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーション狙いでJCBゴールドカードに入会しました。

JCBゴールド ザ・プレミアでは「プライオリティパス」無料発行による世界各国空港ラウンジの無料利用特典や、「ダイニング30」という指定レストラン(130店舗ほど)での会計が30%オフになる特典を利用できます。

ですが、グルメベネフィットというプラチナカード以上で受けられる、高級レストランのコース料理が1人分無料になる特典はJCBプラチナカード以上でないと受けることができません。

確かに30%オフの特典は魅力的ですが、日本全国130店舗ほど(東京・神奈川で20店舗ほど)となるとそこまで多くありません。

ダイナースカードであれば、コース料理1人無料の特典を400店舗ほどで受けられるので便利です。

年会費無料のキャンペーンをたまたま実施していたので、カード発行をしてみました。

※ダイナースカードの使い心地が非常に良ければ、ANAダイナースカードか同様の特典を受けられるJALカードプラチナにしようか検討中です。

逆に言うと、ポイント還元率の低さが気にならなければJCBゴールド、インビテーションで加入できるJCBゴールド ザ・プレミアは年会費に対して受けられる特典が素晴らしいです。

ポイント還元率の高いカードは別で持っており、ステータスカードとして豊富な特典を利用したい方にはJCBゴールドはとてもオススメできます。

JCBゴールド ザ・プレミアのインビテーションが届けば、プライオリティパスやダイニング30などプラチナカード並みの特典を年会費1万円で受けられ、そんなコスパの良いクレカは他にありません。

JCBゴールドカードは入会キャンペーンも頻繁にやっています。

一度見てみてくださいね。

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でちゅーにをフォローしよう!

-クレジットカード
-, ,

Copyright© Investry - 投資・副業で資産運用するブログ , 2020 All Rights Reserved.