IPO(新規上場株)

IPO株投資とは株式投資初心者におすすめなローリスク・ハイリターンの投資手法!メリット・デメリットとは

更新日:

IPO株にどのような印象をお持ちですか?

管理人は先日、メルカリのIPOに当選して20万円利確しました。

※管理人は大和証券で50万円の入金でメルカリIPO株に当選しました。

実は、株式投資初心者であればまず抽選に応募した方が良いと言えるくらい、ローリスクハイリターンなのがIPO株投資です。

もちろん、皆知っているので抽選に当たるのは至難の技ですが(個人投資家でも毎度数億円の資産をIPO株抽選に充てているくらいです)、「抽選に応募し続ける」ことと「当たりやすい証券会社での応募」を心がけることで、管理人のように当選することが可能です。

銀行預金するくらいなら、証券会社に分散させて抽選に応募し続けるのを推奨していますが、なぜそんなにオススメなのかまとめます。

株式投資初心者にとってIPO株投資はメリットだらけ!

実はIPO株を購入するための資金は「50万円」あれば十分!少ない資金で始められる

IPO株というのは、新規上場株のことで10-50万円ほどで100株単位での購入が可能です。

公募価格というのが1000-4000円程度に設定され、大体の証券会社が100株のみの抽選応募となります。

そのため、20-30万円程度あればIPO株の抽選に参加・購入できます。

それに対して、株式投資ではユニクロや任天堂といった東証一部の大型株を購入するのに、数百万円必要になります。

しかも、期待できる値動きはそこまでありません(年率で数パーセント程度)。

ですが、IPO株は公募価格に対して初値(上場して初めて付いた値段)が公募価格の数倍になることは珍しくありません。

IPO株投資に必要な資金は「50万」でいい!株式投資初心者にオススメしたい理由とは

続きを見る

IPO株に当選した時のリターンは株式投資数年分!初値売りで「+450万円」の利益確定できた優良IPO株も

管理人が当選したメルカリも、公募価格3000円×100株当選で30万円で購入し、初値の5000円で売却、20万円の利益となりました。

大半のIPO株の利益は数万円〜数十万円ですが、2018年の当たりIPO株「HEROZ(ヒーローズ)」は公募価格4500円に対して、付いた初値が49000円!

100株当選すれば450万円の利益をノーリスクで獲得できることに…管理人は仮想通貨FXを現在メインで取引していますが、IPO株は継続的に抽選に応募・参加しています。

銀行預金や宝くじを買うくらいなら、IPO株の抽選に参加しましょう。

期待値の高いトレードを行うのが投資で勝つ秘訣なので、IPO株の抽選参加はどんな地合いになっても続けていきます。

「完全平等(公平)抽選」の証券会社で抽選参加すれば、資金力関係なしの運勝負!

IPO株を購入できる証券会社は、20社以上あります。

実は証券会社ごとに抽選方式が異なります。

SBI証券や楽天証券のように、応募した株全てで抽選を行う資金力勝負の証券会社に対し、マネックス証券や大和証券のように何株申し込んでも抽選対象は100株という証券会社も多くあります。

大事なのは「状況に応じて応募証券会社を変えること」なので、管理人は大半の証券会社の口座を開設し、資金を分散させて応募しています。

さらに、IPO株の銘柄ごとに取り扱う証券会社は異なるので、できるだけ多くの証券口座を開いておくべきです。

100株の申し込みで公平に抽選される証券会社には、50万円程度資金を入れておけばいいですし、もし資金が少なくても狙うIPO株を取り扱う証券会社へ資金移動しておけば良いので、IPO株投資は株式投資初心者にオススメです。

証券口座に入金しておくのは、銀行預金と同じですからね。

「主幹事・副幹事証券会社」で抽選参加すれば、IPO株当選確率は10倍以上跳ね上がる!

IPO株を取り扱う証券会社には「主幹事」「副幹事」「幹事」の3つがあり、割り当てられる株式数が異なります。

主幹事に90%、幹事には3%ずつ、なんて割り当ての時が大半で、この場合は主幹事の証券会社の方が30倍当たりやすいのはお分かりかと思います。

主幹事を務めることの多い証券会社は、SBIや大和証券、野村證券などでこれらの証券会社の口座開設は必須です。

しかし、副幹事の証券会社が会員数(口座数)の少ない証券会社であれば、主幹事並みの当選確率になることもあるので、管理人はIPO株を取り扱う証券会社は全て口座開設しています。

資金はメインの証券会社に置いていますが、穴場の証券会社が主幹事・副幹事に選ばれた場合は資金移動して抽選参加しています。

「初値売り」が鉄則なので、チャートを読める必要無し

IPO株は初値売りが鉄則なので、上場当日の寄り付きで売ってしまいます。

IPO株の買い方・売り方とは?抽選応募(ブックビルディング)参加方法と利益を出すための「初値売り」について

続きを見る

応募する際は、IPO株の発行枚数と幹事証券会社を見て抽選参加するだけなので、チャートを見ることはありません。

株式投資初心者でチャートを読まずに、ローリスクで利益を狙える投資は、IPO株以外で見たことがありません。

IPO株で利益を出す鉄則「初値売り」とその後の値動きに対する考え方とは

続きを見る

IPO株投資のデメリット

IPO株の抽選に参加・当選しない限り利益は得られない

言わずもがなですが、IPO株には当選しない事には利益は出ません。

そして、当選するまで抽選に参加し続ければ期待値はプラスなので利益はいつか出るはずですが、その根気が続かず折れてしまい、投資自体をやめてしまう人も多いです。

ですが、投資の鉄則は「期待値の高いトレードをする」なので、IPO株はどんなに他の投資で利益を出そうが続けるべきです。

闇雲に抽選に参加するのは得策ではなく、抽選確率を上げる方法はあります。

初心者から上級者まで万人にオススメできるIPO投資、当サイトで詳しく解説しています。

当選した後の上場日の待ち遠しさを、一緒に体験しましょう!

 

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でちゅーにをフォローしよう!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

ちゅーに

「投資や資産運用・副業で人生を豊かに」をテーマに運営中! 株式投資7年、仮想通貨投資3年の20代兼業投資家。 株式はIPO応募・グロース株への投資、仮想通貨はBTC中心。 株式(IPO・国内株)150万・仮想通貨500万を運用中! Twitterではリアルタイムの市況や有益な情報の発信、損益報告もしているのでよかったらフォローしてくださいね!

-IPO(新規上場株)
-, , , , , ,

Copyright© Investry - 投資・副業で資産運用するブログ , 2020 All Rights Reserved.